基礎控除額

algaja.com / 2015年2月27日

はじめに平均寿命は年を迫うとともに延びていま玄日本人の平均寿命は、男性で90、女性は86歳で世界最長です(WHO2013年版ちなみにアメリカ人は、男性90、女性81歳で、それぞれ日本人より数年若くして亡くなっています! でも、男性77歳、女性84歳で日本の水準には違していません寿命が延ぴることは素晴らしいことですが、もろ手を上げて喜べない事情が私たちには存在しますそれは、老後の生活資金の問題で中仕事をリタイアした後、年金だけに頼よっては生活がたち行かなくなるのは、皆きんもよくご存知の通り私た日本人は、長生きしてしまう、リスクを抱えていますたとえば、男性の平均寿命を84とし、84歳で仕事をリタイアたとします東京でゆとりあるくらしをするためー夫2人37万円1Kの部屋があますから:それをべースに試算しみまよう月37万円×11月×20年8 8 8 0 9 なる計算です8aから2人[/qt]へ基礎控除6割に縮小-己相続税税制改正で起きること最近は相統税対策で不動産投資に取り組む人が増えてきています。相親税はお金持ちが払うもので、一般庶民には縁のない税金、というイメージがありました。ところが、相統机制は2015年から大きく変わります。相統税に対する認識を改める必要があります。では、相統税制の改正で何が変わるのでしょう私たちにー番影響を及ぽすのは、基礎掩除が大幅に減額される点にあります。これまで相統税がいわゆるー般庶民には緑がなかったのは、基礎控除の額が大きかったからです。たとえぱ、4人家族のー一主人が亡くなったとします。法定相統人は、配偶者と子ども2人の計3人です。まず、それぞれが1000万円ずっの基礎控除をもっています。これで計3。。。万円。さらに配偶者が別途5000万円の基礎控除をもっており、総額8。。。万円になります。一」主人が残した資産が、この8000万円を超えた場合に\ 初めて相統税がかかるとい、っわけです。これが:2。13年の税制改正によってこの基礎控除額が、4割もカッされることが決まりました01000万円の基礎控除は600万円に、50。。万円あった配偶者の基礎控除は3000万円に減額さ才性ます。総額8000万円あった基礎控除は、4800万円にまで大幅に縮小されるのです。そうなると · 当然、相続税の課税対象となる人は激増します。一説には、申告が必要な課税対ーは、全国で4.296から6.5×に、東京23区では796から149ーに増えるとも言われているほどです。いずれにしても、相統税がぐっと身近な税金になることは問違いありません。
任意売却情報

新築の分譲マンション

algaja.com /

マンション購入編○新築マンシ聞ン購入緬○●提携ローンを利用するのが最もベター公的融資で最も借りやすい〈住宅ローン〉は公庫資金です。それに次いで年金住宅融資も借りやすいといえますが、年金加入期問が問題になるとか、国民年金では融資額が少なくなるなどといった要素があります。また財形住宅融資では、サラリーマンであってしかも財形貯蓄を1年以上続け、その残高が50万円以上なければいけないなど、さまざまな制約があります。では民間住宅ローンの場合はどうでしょうか。『基礎知識編⑳⑱』でも紹介したように、返済能力と完済時の年齢さえクリアしていれば、ほぼだれでも借りることができ、いざという時、頼りがいのあるく住宅ローン〉といえるでしょう。新築マンションの購入資金を検討する場合、公庫融資を軸にそれと組み合わせる資金として比較的利用するケースが多いのが民間住宅ローンです。民間住宅ローンを大きく分けると、提携型と非提携型とがあります。新築の分譲マンションでは、まとまった戸数をいっせいに販売し、しかもできるだけ早く完売させなければいけない、といった販売戦略上の問題があります。そのため、提携型の民間住宅ローンを設定するケースが多く、住宅情報誌などに紹介されている新築分譲マンションのほとんどは、提携ローンが付いています。●どんな場合に提携ローンは役立つの?ユーザーにとって提携ローンの最大のメリットは利用しやすいことです。あらかじめ借入れ先が決まっているため迷うこともなく、日頃、銀行などの民間金融機関と融資に関して馴染みがなくても、ユーザーに問題がなければ簡単に借入れすることができます。また非提携の住宅ローンの場合、申込人の条件として、20歳以上65歳以下で、最終返済時に70歳未満の人といった制約があるのが一般的ですが、提携a‐ンでは最終返済時の年齢が75歳未満としているケースも多く、より長期のローンを組むこともできます。金利は、非提携型とほとんど変わりませんが、非提携型が変動金利ないし一定期間固定が選択できる固定金利選択型を中心にしているのに対して、提携型では返済が終わるまで金利が変わらない完全固定型も用意している例があります。さらに提携ローンを組み合わせることで、少ない自己資金でも購入可能なようにしているケースもあります。通常、公的融資では公庫融資に年金住宅融資とか財形住宅融資、あるいは自治体融資を組み合わせる形をとりますが、その場合の融資額の合計は、購入価格の80%までとなっています(単独で対応する場合も80%が融資限度額)。つまり残りの20%は自己資金で対応しなければいけないということです。

新築マンションを購入

algaja.com /

さらに金融業界再編の結果、新しいタイブの金融機関も生まれてきました。そういったところでは、従来とは違った1勾容の新型の住宅ローンで顧客獲得に乗り出してきています。その結果、既存VS新興といった競争図式も生まれつつあります。民間の住宅ローンを利用するユーザーにとっては、豊富なメニューから選べるようになってきたといえるでしょう。逆にいえば、選択の仕方がたいへんむずかしくなってきたともいえます。●民間ローンを上手に活用するポイント農富な民間住宅ローンメニューの中から、どの金融機関のどのタイプのものを選べばよいか、これはケースバイケースによって異なります。たとえば、民間住宅ローンの中で公庫融資並みの長期固定の低金利タイプの場合、抵当権を第・…順位に設定する関係などから公庫融資との併用ができないものもあります。公庫融資を利用しなければこのローンをメインに組めばよい、ということになります。また、特定の不動産会社が分譲する新築マンションの購入者に限って融資が受けられるという、一種の提携ローンがあります。このタイプのローンは、長期固定型でしかも低い金利になっており、返済総額において公庫融資よりも少ない額になっています。むろん、この金融機関と提携する不動産会社の新築マンションますが、仮にその物件が気に入れば大いに検討してみる価値があります。このように融資条件が有利な住宅ローンの場合、利用できるケースも限定してきます。したがって、上手に利用するポイントもやはり基本に立ち返って各金融機関の住宅ローンをチェックすることが大切です。その慕本については、すでに「基礎知識編」の⑤・⑳・⑳などで紹介していますので、参考にしてください。ここでは、新築マンションを購入する場合の民間ローンの利用の仕方に的を絞っていくつかの基本ポイントをあげてみることにしましょう。まず、どんなタイプの物件を選ぶかによって資金計画が大きく違ってきます。規摸(専有面積)の面でファミリータイプを選ぶなら、永住することも念頭に入れた上で購入することになります。この場合、ローン利用者の年齢にもよりますが、30代なら長期返済ができしかもできるだけ低い金利の固定型に設定することをおすすめします。また、返済期間を15年ぐらいに設定するのであれば、変動型ないし固定期間選択型にするとよいでしょう。変動型ないし期問の短い固定型ほど低い金利になってむり、金利上昇によるリスクも全体の返済期間が短いだけに軽滅されます。

民間の金融機関

algaja.com /

②保証人不要で、申込時および完済時の年齢制限がない、③支払い方法には、当初5年間は利息のみを支払う元金据置タイプと元金据置なしタイプがあって選るようになっている、④支払い期間は、10年、15年、20年、25年、30年のいずれかとなっている、⑤購入する住宅に対して所有権の移転登記を行う際に第一順位の抵当権設定登記むよび買い戻し特約登記をすることになっている(登記費用は公団負担)、⑥公庫融資を併せて利用することができない、などがあげられます。新築マンション購入編・横並びから瀞へ民間住宅・】従来、民間の金融機関で扱っている住宅ローンは、金利などの融資条件において横並びの傾向が強い、といわれていました。しかし最近、その傾向は徐々に薄れ、一部の金融機関からは公庫融資並みかそれよりも有利な条件で利用できるローンも登場してきています。とくに、住宅金融公庫が5年後に廃止されることが決まった平成13年末ころから、公庫の受け皿的な住宅ローンが各金融機関から商品化されるようになり、本格的な競争の時代に入ってきた感があります。どのような形で競争・競合が見られるのかをチェックしてみましょう。(民間VS公的)2005年度までに公庫融資が廃止される方向にあることを受けて、最近、民問金融機関からその受け皿となる住宅ローンが相次いで登場してきています。低金利で長期固定型のローンがそれですが、まだ広く認知されていないのが現状です。ただし、この1、2年、公庫融資を利用するケースが急速に減ってきており、”公庫融資を軸にして住宅資金を確保する”といった鉄則も崩れてきた感があります。民間ローンに労いては、公庫融資の受け皿となる商晶がさらに多くの金融機関から登場することと同時に、より有利な融資条件で利用できることが、大きなポイントといえるでしょう。(民間vs民間〕民間金融機関の相次ぐ合併など業界再編の動きが、平成14年5月段階に入って一段落した感があります。住宅ローンについていえば、顧客獲得競争がより一段と活発化してくるものと思われます。たとえば銀行VS信用金庫の関係でいえば、全国各地に点在する信用金庫を束ねる信金中央金庫が、公庫融資並みの長期固定型・低金利の住宅ローンを14年の初めにスタートさせました。それに対して銀行の方は、金利優遇キャンペーンなどを行っています。また、各銀行においても金利優遇キャンペーンのほかに、より担保価値の高い新築住宅の購入を融資対象にした新タイプの住宅ローンを展開しているところとか、インターネットで融資を申し込むサービスを利用すれば金利優遇措置が受けられるとか、さまざまな形の対抗策を講じています。